お茶畑再生プロジェクト

緑豊かな山滝の地に茶畑を復活させよう!

岸和田市丘陵地区まちづくり協議会と岸和田市のGreenVillage構想の一環として、山滝地区の茶畑再生プロジェクトが立ち上がりました。

 内畑町では、かつてミカン畑の土止めとしてお茶が植えられていました。地域には工場もあり、製茶がさかんに行われていたと聞いています。今回もそのようないきさつから、本校がこのプロジェクトに参加することになりました。

 毎年1年生が秋に鉢に苗を植え、2年生の春に校区内の畑に移植します。

数年後には自分が植えたお茶の葉で淹れたおいしいお茶を飲むことができるようになるそうです。卒業の前に山滝の土地で育ったMyお茶を飲むのが今から楽しみです。

平成26年10月15日にプロジェクトの発足式と苗植え式を行い、今年初めて2年生が苗を畑に植えました。お茶は幸いあまり手入れをしなくても育つということで、学校からは離れた場所ですが、時々地域の方や市役所から担当の職員の方が来てお世話してくださるそうです。苗やお茶については伊藤園さんのバックアップがあり、皆様のご厚意とご支援をいただきながら、このプロジェクトがお茶の苗の成長、そして子ども達の成長とともに継続成功することを祈ります。

 

なお、平成27年度も、1年生が第2回目の苗植えをしました。畑が広いので、今年度はひとり2鉢の苗を育てます。 そして来年度2年生に進級した5月に畑への移植を行う予定です

:roll: プロジェクト発足、初めての苗植えの様子 H26.10.5

お茶再生プロジェクト

 

:roll: 秋から春まで自分のお世話した苗を畑に植えました。

平成27年5月

お茶苗の移植doc

:roll: 新聞に掲載されました。

読売新聞記事