学校教育目標

学校教育目標

校訓「やまたきっこ」のもとに子どもを育む。

  や  やりぬく子 (物事をやり遂げる実践力のある子ども)

  ま  まなぶ子  (基礎学力の定着・主体的に学び、追求する子ども)

  た  たくましい子 (健康の保持増進に努め、生き生きと活動する子ども)

  き   きりつ正しい子 (よりよい生活を求め、向上心を持つ子ども)

  こ  こころやさしい子(仲間と共に支え合う子ども)

学校経営の基本方針

   子どもの笑顔あふれる、楽しい学校づくり

①学ぶことが「楽しい」学校(「まなぶ子」の実現)

〇学ぶ楽しさ、わかる喜びが味わえる授業づくり

・一人ひとりの児童の学力、学習状況を把握し、課題を明確にする。

・基礎的・基本的な学力を確実に定着させる。(朝読書、国語・算数等のドリル学習など、「学びタイム」の有効な活用)

・主体的、対話的で深い学びの場を創造する。(課題について考え、考えを発表し合って、理解を深める授業)

〇授業改善のための校内研修の活性化

・研究推進委員会を中心に、計画的に研究授業を実施する。

・他校の研究会に積極的に参加し、授業力の向上を図る。

②仲間と活動することが「楽しい」学校

〇互いを尊重し、思いやりにあふれた集団づくり(「こころのやさしい子」の実現)

・違いを認め合い、支え合える、人権意識の高い学級集団を育てる。

・縦割り活動を通して、上の学年が下の学年を優しく面倒を見たり、下の学年が上の学年を手本とするような、麗しい異年齢集団を育てる。

〇児童が主体的に活動する学校行事の実施(「やりぬく子」「たくましい子」「きりつただしい子」の実現)

・運動会や音楽会などの学校行事で、児童が主体的に活動する場を設定し、児童の主体性、創造性、協調性を育み、達成感を味わわせる。

〇人権・特別支援教育推進委員会を中心に、人権教育の充実を図る。

・考え、議論する道徳を実践し、児童の人権感覚を研き、道徳性を高める。

・いじめのない、思いやりにあふれた「集団づくり」に取り組む。

・校内研修を充実させ、教職員の人権意識を高めるとともに、人権教育の充実を図る。

③学校を支え、交流を「楽しむ」

〇子どものために、保護者と教職員が協力し合うPTA活動の実施

・学校と家庭が連携を密にし、信頼関係を深め、子どもの健全育成に努める。

・保護者同士が、子育てについての相談や情報交換ができる場を設ける。

〇地域に開かれた学校づくり

・学校と地域が連携を図るため、学校の教育活動を積極的に発信する。(学校だより、校園長だより、ホームページ等)

・地域の人材を学校へ招へいし、児童の学習を支援していただく。

・学校協議会や学校教育自己診断等を通して、学校の教育活動の改善に努める。