緊急時の安全確保について

山滝小学校 H27.4

保護者の皆様へ

 

緊急時における児童の安全確保について

登校後における急な台風の接近や大雨、大規模地震発生時の児童の安全確保が問題となってきております。本校ではそのような緊急時における安全確保について以下のように考えています。

 

なお、下記の場合は学校は臨時休校です。

午前7時現在 台風接近に伴い「暴風警報」または「大雨警報」が岸和田市に発令された場合、学校は臨時休校となります。

 

全校一斉に授業を繰り上げ(又は繰り下げ)ての一斉下校

台風等自然災害の急速な接近が報じられた場合(岸和田市に台風接近に伴う暴風警報や大雨警報が発令された場合)や校区及び隣接する校区において不審者の潜伏、出没、徘徊している可能性が非常に高いと警察及び教育委員会等の関係機関より通報があり、児童を早急に下校させたほうがいいと判断した場合。

 

・  授業をカットまたは低学年は学校に留め置いて、全校一斉に下校を行います。

・  警察等関係機関にも連絡し、安全確保をお願いします。

・  緊急メールを通じて、何時に一斉下校を行うか連絡します。

・  緊急時には通信が混乱し、メールが届かない場合も考えられます。緊急時の対応についてご家族で十分話し合っておいてください。

・  学童保育(チビッコ)の児童はそのまま保育にいきます。

(後ほど、チビッコより保護者に連絡が入ります。)

大雨や河川氾濫により下校させることが困難な場合

突然の大雨や河川氾濫により、下校路の安全が確認できない時や、下校させると下校後の児童の安全確保が難しいと判断したとき。又は警察及び教育委員会等の関係機関より下校を止められたとき。

 

・  児童の安全確保を行いながら、教室(運動場)で待機します。

・  下校路の安全が確保された場合は職員が付き添い集団下校を行います。

・  下校路の安全の確保が難しいと判断した時、緊急メールを通じて、保護者にお迎えを要請することがあります。

 南海トラフ巨大地震による地震および津波被害が予想されるとき

最新(24年8月)の内閣府の公表によるデータから岸和田市における最大震度は「震度6弱」とされており、津波高は最大約5mと想定されています。最大到達時間は95分から105分となっています。(詳しくは岸和田市HPをご覧ください)

大阪府域において大規模な地震(岸和田市において震度5弱以上)が発生し、各地で火災などが発生し交通機関が麻痺し、下校させると下校後の児童の安全確保が難しいと判断したとき。又は警察及び教育委員会等の関係機関より下校を止められたとき。(震度5未満でも上記のような安全確保が難しいと、判断する場合があります)

 

・  児童の安全確保を行いながら、教室(運動場)で待機します。校内で児童の安全が確保されないと判断したときは、2次避難として山滝中学校に避難する場合もあります。(お迎えはこちらにお願いします。)

 

 

②③時の地域及び保護者へのお願い。

 ③の場合メール等の通信は機能しないと想定しており、避難場所を明示するとともに可能な限りハンドマイク等で連絡します。

 

地 域 *校内や避難場所での児童の安全確保が長時間におよぶと考えられます。ボランティアとして学校(避難場所)へ駆けつけ安全確保のお手伝いをお願いします。

 

保護者 *できるだけ早く保護者が直接、学校(避難場所)へ子どもを迎えに来てください。保護者がこられないときは子どもが顔を知っている親族の方でもかまいませんが、必ず保護者の許可を取った上でお願いします。必ず担任と引継ぎをしてください。

 

自動車ではこないで下さい。必ず、徒歩又は自転車でお願いします。

 

 

登下校中の地震発生

  1. 地震発生時に家が近ければ家に、学校が近ければ学校へ戻るように指導しています。
  2. 家に帰っても保護者の方が仕事等でいない場合は学校へ来るように指導しています。
  3. 登下校中の対応については、ご家庭でも児童と話し合っておいていただきますようお願いいたします。