《7月9日 6年生製茶体験特集》

【7月9日(木)】6年生製茶体験
本校が取り組んでいる「お茶畑再生プロジェクト」。今日は6年生の製茶体験がありました。1年生の時に植えたお茶の苗にたくさんお水をやって大きく育てました。そして2年生の時に、茶畑に植え替えに行きました。あれから4年・・・。今日はいよいよ自分たちで育てたお茶を製茶して、味わうことができました。今年は、コロナウイルス感染予防のために茶摘みには行けませんでしたが、同じお茶の葉を使って、ウーロン茶やほうじ茶、玄米茶もいただきました。和菓子もおいしくいただきました。大雨の中、お茶の葉を積んできてくださった岸和田市役所丘陵地区整備課の皆さま、製茶をお手伝いいただいたゆめみヶ丘岸和田まちづくり協議会の皆さま、いろいろとご指導くださいました伊藤園の方々、どうもありがとうございました。
2週間ほど前から校長室で枯らしていた茶葉で、ウーロン茶を作ってくれました。
 
お茶の良いにおいが漂います。 伊藤園の山本さんの説明でお茶づくりの始まりです。
   
朝から摘んできた葉を使います 岸和田テレビの取材も来てます
   
まずは、摘みたての葉っぱをきれいに洗って
   
電子レンジに入れた後、手で揉みます これが意外に難しい!
   
「葉をもむ」と、ドライヤーで「乾かす」を何度も繰り返します。
   
   
フライパンで乾燥もさせました。 だんだん細かく、お茶らしくなってきました。
   
   
   
できたお茶をみんなでいただきます。お茶の入れ方は5年生の時に家庭科で学習していますね。
   
   
和菓子もおいしい! ほうじ茶も作ってくれました。
   
みんなで片づけてお礼を言って、終了しました。楽しかったねえ。
   
お茶席も用意。一人ずつここで写真を撮りました。