2016年 2月

  • 中学年福祉教育 高学年薬物乱用教室
    2016.02.23 17:24:35

     2月23日2時間目に社会福祉協議会のお世話で車いすで生活をされているMさんに講師として

    お越しいただき、子ども達の質問にこたえて実際に電動車いすを動かしている様子や、

    介助者の方と車いすから移動する様子を見せていただいたりしました。また前向きで積極的な

    師先生のお話に子どもたちは大変よい勉強をさせていただくことができました。

     また、午後からは学校薬剤師の先生に来ていただき、「薬物乱用防止教室」を高学年対象に

    実施しました。いま、某元野球選手がマスコミを騒がしている、まさにそのタイミングでもあり

    薬物(シンナー、覚せい剤etc)の種類やその害、乱用することの恐ろしさについて資料をもとにお話ししていただき、子どもたちは真剣に聞いていました。

    また、誘われたらどうする?という質問を一人一人に投げかけ、自分ならどう断るかロール

    プレイングするなど、有意義な内容の1時間でした。

           

      

     

  • 「いっしょにね!!」のみなさんと~低学年福祉教育~
    2016.02.08 10:24:00
     2月4日の3時間目に1・2年生の福祉、障がい者理解教育の授業に、
    「いっしょにね!」のみなさんが本校に来て出前授業をしてくださいました。 
     「いっしょにね!」の皆さんは、「ハンディをもつ子ともたない子と大人たちとの
    楽しい出会いの会」としてボランティアで活動されています。
     クイズやパネルシアター、紙芝居、手話、装具の実物など低学年の子どもたちに
    わかりやすいように工夫していただき、ユニバーサルデザインに関心を持ったり、
    障がいについて理解し共生していくことの大切さ教えていただきました。
    子ども達は積極的に手をあげてクイズに答えたり、熱心にお話や紙芝居を聞き、
    貴重な体験ができました。 参加してくださった保護者の方もありがとうございました。
    「いっしょにね!」の皆さんとの出会いを通じて 子どもたちの人権への意識が向上し、
    ノーマライゼーション実現へ向けて実践的に取り組める心や気持ちが育っていくことを
    期待しています。 
    最後に「いっしょにね!」の皆さん方、ありがとうございました。